ファクトシート

サイバーセキュリティ拠点としてのスイス

中立性や法の確実性、政治的安定性などのスイスの長所は、サイバーセキュリティのセク ターにおいても有効です。中でも最高のアセットは、高レベルのプライバシー保護と規制 密度の低さです。

ファクトシート サイバーセキュリティ拠点としてのスイス

スイスの強みは、中立性、法的安定性、そして政治的安定です。この強みは、サイバーセキュリティの分野でも当てはまります。 とりわけ、プライバシー保護が非常に強固で、規制が少ないことがスイスの最大の魅力です。それに加えて、専門領域で極めて高度な訓練を訓練を積んだエンジニアたちが、国内には揃っています。 その他にも、スイス国内の電力供給は、信頼性が高く、低コストです。これは、データセンターやセキュリティオペレーションセンター(SOCs)のサーバーが、確実に滞りなく活動し続けることを意味します。 これらの要素全てが、たくさんの国際企業が、スイスに欧州用のデータセンターを優先的に設置しようとする理由です。そのような企業の例として、カスペルスキー(Kaspersky)、国際銀行間通信協会(SWIFT)あるいはビットフィネックス(Bitfinex) などが挙げられます。

人道主義的な伝統を持つスイスは、世界におけるサイバーセキュリティ改善に重要な貢献を果たし、ICTの平和利用を推進しています。スイスにはインターネットソサエティやインターネットガバナンスフォーラム(IGF)、ディプロファウンデーション、国際電気通信連合(ITU)、ICT4PEACE、WEFサイバーセキュリティセンターなどの多くの団体の本部があります。

 

 

リンク

共有する
ご希望の連絡方法を選択してください